2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
猫に踏まれた耳は・・。
2007/03/26(Mon)

皆さん、この度は耳のことで大変ご心配をおかけしました。


今日、病院で診ていただきましたが、おかげさまで「異常なし」でした。424


【 病院での会話 】


私 「猫に耳を踏まれてしまいまして・・・。」


先生 「えっ?手術した方の耳を踏まれたの??」


看護師さん、全員、爆笑。


私 「はい、注意はしていたのですが、スミマセン。」


先生 「なんで耳を踏まれたの?」


私 「寝ている時に、踏まれました。」


先生 「猫は夜は寝ないの?」


私 「普段は寝ますが、何分、猫は夜行性なので・・。」


先生 「猫は夜行性なのか、勉強になったな・・。」


私の心の声 「まじめな先生が意外なお言葉・・。」


先生 「それにしても今回はいろいろなことが起きるな。ウィルス感染で耳は腫れるし、猫に踏まれるし・・。」


先生の心の声 「こんなことは初めてだよ。」


治療を終えて、待合室にいると、看護師さんが会計票を渡しながら、


看護師さん 「どんな猫を飼っているんですか?」


私 「ロシアンブルーと・・・・・・。(以下略)」


看護師さん 「私も飼っていたんですよ。」


こんなふうに楽しい猫談義で終わりました。


皆さん、ありがとうございました。


26日ヴィヴィ
251 ヴィヴィアン 「皆さん、ご迷惑をおかけしました。」


 にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ ← 「クリックしてほしいニャ。お願い。」 


スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(18) | TB(0) | ▲ top
コメント
-  -
先生は猫に関してはプロではなかったんですね。
あたりまえですよね。獣医さんじゃないんだから(笑)
踏まれた耳が大丈夫でよかったですね。
私もこの前踏まれたまぶたの傷は治りましたが、傷跡はまったく消えません。
2007/03/26 16:57  | URL | ひでのひめ #-[ 編集] ▲ top
-  -
どうにもこうにも、ヴィヴィちゃんを見ると、椎茸が頭に浮かぶんです!(;^_^A アセアセ…
でも、大事なくて良かったです。
(*^-^)ニコ
2007/03/26 17:10  | URL | 凪々 #MDMkRtpI[ 編集] ▲ top
- 良かったですね。 -
無事で何よりでしたね。
ヴィヴィちゃんも反省のポーズ。v-436
それと、動物を飼ってられる方は、病院で診察を受けるときに、何を飼っているかお話をした方がいいですよ。
アレルギーや喘息の原因だったり、過去にうちの方でも飼い主さんが皮膚病で皮膚科に行って診てもらったのですが、原因が判らず、同時期にこちらで猫ちゃんの皮膚病を診断して、真菌と判断して治療を始め、飼い主さんが皮膚科の先生に話したところ真菌と判り、飼い主さんも猫ちゃんも完治した例もありました。
この様に人間のお医者さんは、動物の病気がうつることを始めから想定していないので、始めに動物を飼っていることをお話した方が良いですね。
でも、傷だけですんで、本当に良かったですね。
2007/03/26 17:48  | URL | チェルシーの実家 #-[ 編集] ▲ top
-  -
あ~ よかったですね
安心しましたヨ
2007/03/26 17:53  | URL | てんてん母@BKT #vxAodCeM[ 編集] ▲ top
-  -
良かったです~。
これでヴィヴィちゃんも一安心ですね。
先生との会話・・・漫才かと思ってしまいました。
猫と生活しないと、分かりませんよね。
次回から先生は
「猫は居ますか?では、寝ている間に踏まれないようにね」
と確認するのではないか?
と、ちょっと、想像してしまいました。
2007/03/26 18:28  | URL | 比呂@BKT #-[ 編集] ▲ top
- こんばんは -
はじめまして
耳、大事にいたらなてよかったですね。

私も何回か病院に通いました。手のひらと足を縫ったこともあります。
気をつけましょうv-442
2007/03/26 21:16  | URL | catsfamily #-[ 編集] ▲ top
-  -
何事もなくてホッとしました。
ヴィヴィちゃんもきっと「あ~よかった!!」って思ってるでしょうね(*^_^*)

猫好きの方と話すと、話が弾んじゃって困る位の時があります。

↓すごくきれいな花束ですね~
長女が出来る少し前、退職するときにとってもキレイで豪華な花束を頂きましたが、それ以来もらってません。
とっても幸せな気分になりますよね。
2007/03/26 21:45  | URL | ありあん #-[ 編集] ▲ top
-  -
ヴィヴィちゃん、悪気はなかったのに反省してる・・・うっ、なんていじらしいこと!

っていうか、そんなとこで寝てる?!

とにかく大事にならずに良かったですv-238
2007/03/26 21:47  | URL | ぬーなー #z8Ev11P6[ 編集] ▲ top
-  -
何事もなくて良かったですね。

爆笑した看護師さんたち、しっつれい~!でも、ワタシがその一人だったらやっぱり笑うかも。
だって、顔を踏まれるってどういうこと??ですよね、普通。異常なかったから良かったですけど。

ニャンコ派ってワンコ派よりも「実は・・」って感じの方が多い気がします。やっぱりマイナーなのかな?その分話ははずみますよね。

↓花束、おっきいですね~。こまりちゃんの何倍もありそう。
2007/03/27 03:12  | URL | ろぼっと #-[ 編集] ▲ top
- あんのうん -
異常なしで本当に良かったです。明日は我が身かも・・・v-19
2007/03/27 04:36  | URL | 内部正明 #WQq045Co[ 編集] ▲ top
- よかったです…! -
病院の会話、和やかですね~v-266
先生のにこやかな表情が眼に見えるようです。(^^)
あ~、本当によかったですね!
安心しました~v-238
ヴィヴィちゃん反省の図、実は寝てる?(笑)
2007/03/27 05:21  | URL | ブルーアトラス #-[ 編集] ▲ top
- コメントありがとうございます。 -
☆ ひでのひめさんへ

そのようでした。
真面目な先生と意外な会話をしました。
ひでのひめさんも傷跡が消えないですか?
私も残っちゃうかな?
ご心配ありがとうございました。


☆ 凪々さんへ

ご心配ありがとうございました。
椎茸を見るたびに北国のお騒がせ猫を思い出してください。(笑)


☆ チェルシーの実家様へ

ご心配ありがとうございました。
またアドバイスもありがとうございました。
今回は担当医3名、担当看護師さんにも猫が7匹いることを事前に話してありました。
特に退院の時には耳が謎のウィルスで腫れていましたから、「猫がいる家に帰っても大丈夫か。」と全員にお聞きしました。
ある先生が「猫の菌には負けないから、大丈夫ですよ。」とおっしゃってくださったので、安心して退院してきました。
しかし、耳を踏まれるのは想定外でした。(笑)
ヴィヴィも買ってきた時に真菌症で、治すのに半年かかりました。
2007/03/27 07:31  | URL | 「猫だらけ」の家主 #TY.N/4k.[ 編集] ▲ top
-  -
 大事なくて良かったですね。
 ヴィヴィアンちゃんの反省している姿、かわいいですね。こんな姿されると、すぐに赦しちゃいそうですね。

では。
2007/03/27 07:40  | URL | 快獣ブースカ@@門前小僧 #-[ 編集] ▲ top
- コメントありがとうございます。 -
☆ てんてん母@BKT さんへ

ご心配ありがとうございました。
笑い話で終わってよかったです。


☆ 比呂@BKT さんへ

ご心配ありがとうございました。
ヴィヴィは一安心して、また忘れるかも?(笑)
真面目な硬い先生からこのような言葉が聞けるとは意外でした。
真面目な先生ですから、そういう確認をされるかもしれませんね~。(笑)


☆ catsfamilyさんへ

はじめまして。
ご訪問、コメントありがとうございます。
縫うような大きなけがをされたのですね。
私も気をつけます。
ご心配ありがとうございました。
2007/03/27 07:47  | URL | 「猫だらけ」の家主 #TY.N/4k.[ 編集] ▲ top
- コメントありがとうございます。 -
☆ ありあんさんへ

ご心配ありがとうございました。
ヴィヴィは安心して、またやるかもしれないので、要注意です。(笑)
看護師さんも猫を飼っていらっしゃったのですが、亡くなったそうです。
それで、「どんな猫がいるんですか?」と目を輝かせて聞いていらっしゃいました。
待合室はたくさんの人がいたので、「私語、大丈夫?」と心の中で心配しながら、話してました。(笑)
ありあんさんも大きな花束をいただかれたんですね。
あまりにも立派なので主人の実家にもユリを2本差し上げましたが、それでもまだ大花束です。


☆ ぬーなーさんへ

ご心配ありがとうございました。
おかげさまで今のところ、良好だそうです。
ヴィヴィは本当に反省したかな?
どう思われます?(笑)


☆ ろぼっとさんへ

ご心配ありがとうございました。
先生が真面目な硬い感じの方なので、いつもは看護師さんたちも同じような印象でした。
その看護師さんたちがみんな爆笑されたので、よほど珍しい症例なんでしょうね。
学会でヴィヴィ容疑者について、発表があるかもしれませんね。(笑)
ニャンコ派は数はワンコ派より相当少ないですが、マニアが多いですよね。(笑)
人間が抱えても大きな花束です。


☆ 内部さんへ

ご心配ありがとうございました。
内部さんのおうちもニャンコが多いから気をつけてくださいね。


☆ ブルーアトラスさんへ

ご心配ありがとうございました。
笑い話で終わってよかったです。
実績のある有名な先生なので、「今回の患者は手強いぞ~。謎のウィルス感染はするし、猫に踏まれるし、まだ油断はできないぞ~。」と心の中では思われたかもしれません。(笑)
ヴィヴィは反省どころか、何が起きたかが、まず理解できないようです。(泣)



2007/03/27 08:05  | URL | 「猫だらけ」の家主 #TY.N/4k.[ 編集] ▲ top
-  -
耳大事にならずよかったです。
先生との会話している光景が目に浮かびます。
2007/03/27 14:30  | URL | caritas #-[ 編集] ▲ top
- 何事もなくて良かったです。 -
きっとその日の休憩室での会話は「猫は夜行性」で盛り上がった事と思います(笑)

良い先生と優しそうな看護婦さんで良かったですね(=^ー^=)v
2007/03/29 12:23  | URL | 溺愛猫的女人 #ondfpU7Y[ 編集] ▲ top
- コメントありがとうございます。 -
☆ 溺愛猫的女人さんへ

ご心配をおかけしました。
どこにも猫ファンの方がいらっしゃいますよね。
2007/03/29 14:16  | URL | 「猫だらけ」の家主 #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://russianvivian.blog86.fc2.com/tb.php/30-7a7f9ad0

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。